フッキングは「バット」で刺せ。確実に掛けるために意識するたった2つのコツ!

どーも、ムラキです。

f:id:buramuraki:20180810233046p:plain

 

魚釣りで最高に気持ちい瞬間の一つは「フッキング」ですよね。

でも、最低に凹む瞬間が「バラシ」・・・

 

まぁ、バラす要因は様々だけど、一つ言えるのはフッキングが甘いとばらす魚は増えてしまうという事。はっきり言って甘いフッキングというのは「刺せていない」んですよ、単純に。

 

今回はフッキングを確実に決める為に何が必要か考えてみよう。

 

今日もぶっちゃけるよ!

 

目次

 

 

大前提:フッキングは「バット」を使え!

これが一番大事な基本です。

バットはロッドで一番硬くてパワーを持っている箇所なのだから、

バットでフックを突き刺さないといけない。

ハンマーで板に釘を打つのに、わざわざ柔らかくて力が入りにくい柄の部分で叩く人はいないよね。誰だって硬くて力が込めやすい頭で釘を刺す。それと同じです。

 

でも案外これを意識してる人は少ないんですよ。フッキングの際に「ロッドを曲げ込む」という意識でやっている人も多いと思うし、決して間違いではないけど、それはあくまで結果論。

 

「バットを使うから」ロッドは曲がるんだよ。

 

バットを使うために意識するポイントはたったの2つしかないです!

 

 

ポイント1.まずは巻く!

はっきり言ってこれが出来てない人は超絶多いです。シーバスでも、バスでも、魚種、やルアーやリグ問わず、ラインの巻き込み方が甘い。

 

特にワームの釣り。リグにもよるけど、ラインスラッグが出やすかったり、オフセットフックをワームから突き出さないといけなかったりで、合わせシロを取るためにも巻きながらロッドを下げてフッキングするのが基本ですが、巻きが甘い人は多い。

 

特にナイロン・フロロはラインそのものが伸びるし、全く伸びないPEであっても潮や川の流れでラインがカーブ気味になっている事だって珍しくない。

だからどんな釣りであってもまずはラインをがっつり巻こう。

 

ミノー、クランク、バイブ等ハードルアーの巻きの釣りの場合は、アタリがあっても「これ以上は重くて巻くのが辛い!」、と感じる所まで巻いていいです。

 

テキサスリグやラバージグ、ノーシンカーなどワームの釣りの場合は、巻きながらロッドを下げて、ロッドとラインが一直線近くになるイメージで巻こう。

 

特に初心者の人は「こんなに巻いて大丈夫かな?」って位巻く事。バットを使ってフッキングするなられ位で丁度良いです。

 

 

ポイント2.ロッドを引いて体の軸を使う!

「ロッドは立てるな、引け!」

 

昔から村田基が良く言ってる事だけど、これは本当にその通り。

ロッドを立てるという意識で曲げるとバットは使えなくなる。だって立てたら曲がらないよね。だから、本当に必要な動作は引く事なんだよ。

 

それに、ロッドというのは良く出来ていて、バットから遠い個所を使う時は、人間の体の中心から遠い場所を使うし、バットに近い個所を使う時は、体の中心に近い場所を使わないといけないように出来ている。

 

ティップだけ曲げる、動かしたい時は手首を使う。

ベリーまで曲げて使いたい時は、肘を使う

バットを曲げて使う時は、「体」を使う。

そして体を使う時は、ロッドを自分の方へ引くという動作が必要になる。

 

という事。

人間は力を込めて何か動作しようとすると、絶対に体の軸に近い場所で仕事をしようとします。軸である体幹には、強い筋肉である腹筋、背筋があるから。だからロッドを引いて、体の軸で硬いバットを曲げるのが合理的になる。

 

事実、プロの動画とか見ててもそうですよ。

リールの位置が頭より上の場所でフッキングしてしまってる人、ロッドが体が離れたままフッキングしてる人って、結構な確率でバラしてるよ。釣りビジョン見てたらそういう人が少なくないのが分かりますよww

引けてないから、体が使えてないし、バットが使えていない。

 

プロレベルでも実はそんなもんなんですよ。

 

 

 バットで突き刺すフッキングの参考になる動画を集めてみた!

 是非参考にしてみて欲しい人達がコチラ↓


#029 夢のフィールド メキシコ レイクバカラック

 (10:37~、14:21~)

何だかんだでやっぱりジム。ロッドの引き方、脇の固め方とかに隙が無いし、体で掛ける事のいいお手本です!

 


釣り百景 田辺スタイルバスフィッシング・巨大フィールドを攻略

(19:07~)

田辺さんは全ての動作に無理・無駄・ムラが無い。ぱっと見は力そんなに入れてなさそうなんだけど、ラインをしっかり巻き込んで、バットから綺麗に曲げ込んでいるのが分かるかと。

 


小沼正弥リバー攻略 「ZAMSリリック」シーバス釣行

(9:40~)

実に綺麗なフッキング。掛けた後もバットでしっかりシーバスを止めてるし、ロッドに仕事をさせるのが上手いね。この後ばらしてるがw


28連発ヒット集!!!!ジャクソン「鉄板系バイブ超速巻き」!

(0:15~、5:10~、7:08~)

これもお手本みたいな無駄の無いフッキング。シーバスアングラーはマジで参考になると思う。体の軸にしっかり寄せてるし、曲がりも一定でブレも少ない。名前が分からないけど、この方は学生時代スポーツも上手かったと思う。多分野球部。

 

まとめ

当たり前だけど、ロッドは曲がるし、ラインも伸びるし水中でカーブする。

だから、「巻く」、「引く」という動作をしっかり行う事が大事です。

上でも書いたけど、プロでも「ちょ、マジすかww」みたいなとんでもフッキングをしてる人は沢山いますw

 

っていう位、実はフッキングというのは出来てるようで、出来ていない部分だったりする。

 

フッキングは決まると気持ちいです!

せっかくのチャンスをものにするためにも、確実に掛けて、確実に止めて、魚とのファイトを楽しもう。

 

以上、ムラキでした。

 

この記事も読んでいかないかい??↓

buramuraki.hatenablog.com

buramuraki.hatenablog.com