テキサスリグのズル引きでタングステンシンカーをほとんど使わない理由。

どーも、ムラキです。

f:id:buramuraki:20180814013814p:plain

 

シンカーと言えば、大きく分類すると鉛製とタングステン製の2つが現在主流です。

特にタングステンシンカーは硬くて高感度、高比重で同重量なら鉛よりコンパクト、さらに環境にも優しいときているので、値段の高さを除けば基本メリットしか存在しないです。逆を言えば値段が最大のデメリットっていうw

 

が、

 

正直言って、オレはテキサスリグに関してはタングステンシンカーは殆ど使わない。根がかりしやすいズル引きでは勿論、カバー打ちでもほぼほぼ鉛です。ソルトのロックフィッシュでも基本そうかな?

 

理由としては明らかにコスパが悪いから。

 

テキサスリグのタングステンシンカーは、トーナメンターやパンチング等極一部の人以外は不要、というのがオレの持論ですね。

 

今回は、タングステンシンカーについて語ってみよう。

 

今日もぶっちゃけるよ!

 

目次

 

鉛は普通に感度良いよw

みんな勘違いし過ぎ!!

 鉛のシンカーは普通に感度良いですよ。タングステンと比較するとそちらに軍配が上がるってだけで、本質的に鉛が感度が鈍い素材という訳ではない。これ地味に誤解されやすい話だと思う。

 

レッサーパンダは元々「パンダ」と呼ばれていたらしい。白黒のでっかい方のジャイアントパンダが有名になってしまい、2種を分類するためにレッサー(小さくて劣る)と不名誉な形容詞を付けられたそうだ。

勝手に比較されて劣る方と貶められたレッサーパンダ。なんだか鉛と境遇が似ている気がするw 

 

確かにタングステンシンカーから伝わる水中の情報の明確さは素晴らしい。でもかといって、ズル引きやるのに鉛で不足感を感じた事は全くないです。はっきり言って、それで不足感を感じるなら、ズル引きの仕方やタックルチョイスを疑う方が先です。

 

 カバーへ入れにくいなら重くするのが先。

カバー打ちに関してはズル引きと比較すると、雑な扱いさえしなければ基本ロストしにくい釣り。なので、コンパクトでカバーへ入れやすいし、オレがテキサスリグでタングステンを使用する事があるならカバー打ち位かな。

 

でもね。素材や大きさを気にする前に、”適切な重さを使う”という大事な基本があるんですよ。

 

投げにくい、送り込めない時はオモリを重くする。これは全ての釣りの基本です。素材云々の前に、まずは重いシンカーで確実に入れる事の方がはるかに重要だよ。事実これを丁寧にやるだけでカバー打ちは十分快適にやれる。

 

 

根がかりを回避したいなら軽くするのが先。

これも釣りの基本。

沈み過ぎる、引っかかり過ぎる時はオモリを軽くするのはどんな釣りでも同じです。

 

ズル引きもカバー打ちも散々やって来たけど、結論として

 

「根がかりしたくないなら軽くするのが先」

 

っていう所に行き着いたね。

 

 

でも感度やすり抜けは良いに越したことないだろ、って??

うん、安いならねww

ランボルギーニが安いお金で購入維持できるならそりゃみんな買ってるよね。

 

オレだってレインがスポンサーについてくれるなら、鉛のシンカーは殆ど捨てるよ。

 

プロとお金持ち位だって、タングステンで根がかりのリスクのある釣りが出来るのは。

 

だから、高いお金払ってでも勝つために釣りをしないといけないトーナメントや、高重量とすり抜けの良さが求められるパンチングの釣り以外では、わざわざ高いお金払ってでも使う理由がオレには見つからないのですよ。

 

ネコリグやダウンショット、ソルトでタングステンを使用するメリット。

テキサスリグから少し離れて、他のリグや釣り方についても書いておこう。これらの釣りに関してはタングステンシンカーの費用対効果が大きいと思います。

 

ネコリグに関しては単純に大きさの問題。1.8gのネイルシンカーでも、鉛とタングステンでは長さも径も変わってくる。それをワームの中に押し込む以上、やっぱり出来るだけコンパクトな方が重心も安定するし、ワームの可動範囲も小さくならずに済むよね。

 

ダウンショットに関しては、3.5g以上のヘビーダウンショットなら鉛でも良いけど、それ以下の軽さだと単純にボトムの感知力を鉛とタングステンでは差を大きく感じてしまう。流石にこのレベルの軽さになると、タングステンの効果を大きく実感せざるを得ない。

 

ソルトの場合はとにかく底取り。特にタイラバでのタングステンシンカーは潮の流れの速い時、水深が深い場所だと助けられるね。釣果に直結しやすい要因になるし、ある意味タイラバはタングステンが一番活きる釣りだと思う。

 

 

まとめ

要点をまとめます。

・鉛は普通に感度が良い。

・カバーへ入れにくい時は重く、根がかりしやすい時は軽く。この基本に忠実になるだけで釣りは十分快適に出来る。

 

色々書いたけど、結局はお金だね。

 

散々タングステンシンカーを使ってきたからこそ言える。テキサスリグ、特にズル引きで使うにはコスパが悪過ぎです。一応言っておくと、自慢じゃないけどオレは根がかりを外す事だけは無駄に上手いですw

buramuraki.hatenablog.com

それでもロストする時はロストする。裕福ではないので、根がかりするたびに頭の中で電卓叩くのはもう嫌ですww

 

たまに使う分には良いと思いますが、ロストしやすいテキサスリグに関しては鉛で十分。プロアングラーの真似ばかりしてたら、お金なんていくらあっても足りないっすよww

 

以上、ムラキでした。

 

この記事も読んでいかないかい??↓

buramuraki.hatenablog.com

buramuraki.hatenablog.com