ホントにマジで、プロアングラーでさえ誰も言わないけど、釣りに水温計は必携ですよ。

どーも、元釣具屋店員のムラキです。

いらっしゃいませー

f:id:buramuraki:20181011194403j:plain

 

 

このブログでは過去に何回か書いた事だけど、釣りにおいて水温計はマジで重要だよ!

buramuraki.hatenablog.com

buramuraki.hatenablog.com

 

本っっっ当に、大抵のプロアングラーは魚種問わず水温計について語らないけど、

教えたくないのかな?

それともプロでも無頓着な人が多いのかな?

 

メルカリで転売ヤーから高いルアー買うかどうか悩む前に、あなたのバッグに水温計は入ってるかい??

 

今日もぶっちゃけるよ!

 

 

目次

 

 

【釣人が確実に数値としてデータ化できるのは水温だけ】

風向き、風の強さ、流れの強さ、潮汐、天候なんかはざっくりした感覚で把握は出来るけど、具体的に数値化するのはほぼ無理じゃん。釣人には。

 

でも、水温だけは誰でも数値化してデータを取れるんだよ。しかもコストはルアー1~2ケ分程度。

 

ルアー10ケ買えば魚を騙す手段は増えるけど、魚の事は何も分からない。

水温計で魚は騙せないけど、魚がどういう動きをしているかは予測できるよね。

 

 

【釣れても釣れなくても、未来の自分にデータを残そう】

思い出巡りという言葉がある。

 

要は、「去年の今頃、ここで爆釣したよなぁ~」っていう、過去の思い出だけを頼りに釣りを展開する事だね。まぁ、これは絶対にダメではないけど単純に勿体ないよね・・・

 

爆釣した日とその日の前後に水温を測っていれば、今現在釣り場で水温を測ると、それがどれだけ再現性があるのか比較できるし、魚の状況も推測できたかもしれないじゃん。

 

仮に全く釣れなくてもさ、水温というデータだけは残しておけば、次の週に来て見た時に「水温が先週より2℃上がってる!」っていう気付きが生まれれば最高なのよ。

それだけで戦略が広がるし、自分のやる事に自信が生まれる。

 

水温というデータは、過去の自分からの贈り物なんですよ。

 

【まとめ】

 このブログを続ける限り多分何回でも書いてくけど、水温計はマジで大事なアイテムです。というか、プロを名乗るアングラーにこそこういう事は言って欲しいんだけどねぇ…

だって何も難しいことないじゃん。

 

ただ計れば良いだけなんだし。

 

小難しい理論やテクニックよりもスゲー簡単な事だけど、スゲー重要なことです。

 

参考になればさいわいです。

 

以上、ムラキでした。

 

この記事も読んでかない?↓

 

buramuraki.hatenablog.com

buramuraki.hatenablog.com