エイトトラップのヤバイ反応っぷりを、ヘビダンで再現できるかな??

どーも、元釣具屋店員のムラキです。

いらっしゃいませー

    f:id:buramuraki:20181018230525p:plain

最近バス釣り界で話題になっているメソッドの一つが、ビッグベイトによるエイトトラップ。

 


2017 サタン島田バラム300で池原ダムビックバス爆釣攻略!!

 

昔からシーバスとかでやっていた人も多かったけど、サタン島田氏によってバスでの有用性が広まったね。

 

ビッグベイトでランカーバスが完全に狂ってる姿は中々インパクトが大きい。

 

目の前にボートもロッドも人もいるのに、口使って針が外れても尚襲い掛かるとかありえん光景だわ・・・

 

正直言ってオレはビッグベイトは殆どやらないし、これを自分自身やる事は多分ないと思うけど、それより今オレが考えているのが、

 

これを他のルアー(リグ)で再現できないか?

 

っていう事。

 

可能性としてポテンシャルが高いのはヘビーダウンショットかな?と思うのだけど、読んでくれている方はどう思うだろうか。

 

 

釣れるメソッドの一歩先を考えてみようぜ。

 

今日もぶっちゃけるよ!

 

 

目次

 

 

【エイトトラップにバスが狂う要素は何か?】

冒頭の動画も含めて色んなエイトトラップの動画を見て来たけど、あれにバスが狂う要素は4つあると思う。

 

①動き

②速さ

③音と泡

④水面

 

①は言うまでもないよね。

あんな動き見せられてスイッチが入らないなら、ブラックバス失格やろっていうww

 

②もデカい。

スローな8の字で誘う動画も探したけど、見つからないねぇ。速さあってこそのあの動きでもあるだろうし、これも欠かせない要素かと。

 

③は意外とあるんじゃないかな??

バシャバシャと逃げ狂うベイトを再現する要素の一つになっている気がする。

 

④は単純に追い詰めやすい場所だからね。

人やボートがあれだけ目の前にいても関係ない位だし、余程狩猟モードに入ってるんだろうね。

 

こう考えてみると、魚が反応せざるを得ない動き、速さ、音、場所、が全て相乗効果として絡んでるのかもしれないね。

 

案外合理的なメソッドだわ。

 

 

【昔見たケイテックの動画に、ヘビダンでの再現性を重ねてみる】

上記の4要素を、他の釣りで近い事がやれないか考えてみたのだけど、オレが今のところ行き着いた仮説はヘビダン。

 

昔ケイテックがこんな動画をYOUTUBEに挙げているのを思い出したんだよ。


3 8SX : Heavy Down Shot Rig

 

これ、まさにそうじゃない??

エイトトラップじゃない??

 

詳しい説明は故林圭一氏が語っている↓

 

林 圭一のFLIP MY MESSAGE Vol.156|株式会社 ケイテック KEITECH Inc. KEITECH Inc.

林 圭一のFLIP MY MESSAGE Vol.157|株式会社 ケイテック KEITECH Inc. KEITECH Inc.

林 圭一のFLIP MY MESSAGE Vol.158|株式会社 ケイテック KEITECH Inc. KEITECH Inc.

 

4要素の内、”音と泡”に関してはあれだけど、動きと速さはまさにそうだし、ボトムも餌を追いこみやすい場所なので実質水面と同じ要素じゃん?

 

ダイレクトな操作性が得られるPEラインや、速さを生むための強いロッドアクションで、リグが動き過ぎない高重量のシンカーを組み合わせれば、ボトムで限りなくエイトトラップに近い釣りが出来ると思う。

 

ワーム選びが大事になるだろうけどね。

 

 

【釣れるメソッドを”釣れる”で終わらせるな】

なんにでも言える事だけど、釣れるルアー、釣れるリグ、釣れるメソッドをただそのまんま使用するだけでは、ただの消費者で終わってしまう。

 

他人が考案した理論で遊ぶのは勿論悪い事じゃない。

釣れるんだからね。

 

だからこそ、その一歩先を行けばもっと面白い世界があると思うんですよ。

 

というか、この業界の賢い人達っていうのはその辺りの思考が非常に鋭い。

 

今江克隆とかね。

 

 

エイトトラップのように、ここまでエキサイティングな釣れ方をするメソッドは過去にも中々無かったはず。

 

これだけ面白い釣りを、ただ”釣れるからやってみよう”で終わらせるのは勿体ないよ!!

 

 

【おわりに】

冒頭にも書いた通り、オレ自身はビッグベイトでコレをやりたいとは思わない。

 

でも、このメソッドのポテンシャルを他の何かで再現出来たらメチャメチャ面白いと思うんですよ。

 

その再現としての可能性を、オレはヘビダンに感じている。

 

あまり動きたがらないランカークラスをボトムで狂わせることが出来れば、今まで獲れなかった魚が獲れる可能性があるね。

 

まだまだバス釣りが面白くなる可能性があるのは嬉しいねぇ。

 

今度試してみます。

 

以上、ムラキでした。

 

 

この記事も読んでかない?↓

buramuraki.hatenablog.co

buramuraki.hatenablog.com