一番釣れるルアーは存在しないが、一番”強い”ルアーは存在する。

どーも、ムラキです。

元釣具屋店員です。

いらっしゃいませ~

 

f:id:buramuraki:20181101061701p:plain

出典:ダミキジャパン HP まめさん

 

「釣れる ルアー」

 

で、検索するとすさまじい量の情報が目に飛び込む。

 

YOUそれ使った事ないでしょ??

的な、Amazonのレビューでも引っ張ってきたかのような記事とかも散見するけどね。

 

なんにせよ、釣れるルアーというのはそれだけ釣り人の関心を集めるテーマなんだと思う。勿論オレも興味はありますし。

 

で、

 

この「釣れるルアーは?」的な質問って、釣具屋でも沢山聞かれるのよ。

魚種問わずね。

 

凄い人になると、「一番釣れるのを教えて!」っていう豪快なド直球投げてくる人もいる。

その質問にオレは、

 

「んなもんねーよ」

 

って突き返すの。

 

 

嘘。

内心思うけど、とても言えない。

言えたらロックだし、そういうのYAZAWAも嫌いじゃないと思う。

でもオレがYAZAWA嫌いというシャバダバよ。

 

真面目な話、言うまでもなく状況次第で釣れるルアーは変わる。

だから一番釣れるルアーなんて存在しない。

 

ただね。

 

魚種問わずだけど、オレは一番”強い”ルアーというのはあると思うのよ。

 

それは何か??

 

 

 

メタルバイブ。

 

割と断言できます。

 

 

今日もぶっちゃけるよ!

 

 

目次

 

 

 

【投げる・探る・誘う・・・全てにおいて強さがある】

ルアーには色んな要素が求められる。

し、その求められる要素に特化したルアーというのも沢山ある。

 

そんな中でもメタルバイブは実はとっても優秀なのよ。

割と何やらせてもハイレベルに釣り人の要求に答えてくれる、ありとあらゆる意味で強さを持ったルアーです。

 

メタルバイブフェチのオレが、このルアーの基本的な強さについて語っていこう。

 

 

《強さその① 風に強く、とにかく飛ぶ》

まずはこれだよね。

どんなルアーゲームでも、「狙った場所へ投げる事」が基本中の基本。

 

飛距離というのは全てではないけど、射程範囲は広がるし、近距離でのアキュラシー(精度)も高くなる。

それに案外さ、気持ちよくカッ飛ぶ事でモチベーションの維持にもつながる側面もあったりするのよ。

 

しかもメタルバイブって、数あるルアーの中でも最強クラスで風に強い。

強風で、そんじょそこらのリグやプラグでは歯が立たない状況でも、メタルバイブだけは最後の砦として「釣りになる」選択肢としてBOXに君臨するのよ。

 

”投げる”という行為に対して、これほど信頼性の高いルアーは恐らくジグとメタルバイブだけだろうね。

 

 

《強さその② 全てのレンジで使える》

基本はバイブレーションだし、着水してカウントを取れば任意の層を自由に引いてこれる。

 

極論言ってしまえば、届く範囲内であればその水域の全ての魚の目の前にルアーを通す事が理論上は可能という訳。

 

全ての層を刻めるというアドバンテージは釣りとして相当に大きいよね。

 

《強さその③ 根がかりに強い》

普通に巻くにせよ、リフト&フォールで使うにせよ、ボトムにこれだけ引っかかりにくいハードルアーは多分無い。

し、実は案外引っかかっても外しやすいルアーでもある。

普通のプラグと違って、ラインを揺らしてやれば、ボディが前後左右に振れやすいからね。

 

 

《強さその④ 魚を寄せ、口を使わせる要素が満載。》

音、振動、フラッシング、イレギュラーなフォールアクション・・・

魚を寄せて、口を使わせてしまう要素がこれでもか満載。

 

しかもメタルバイブはルアーのアイの位置を選べるものが多い。

選択次第で動きがタイトになったり、ワイドになったり、浮き上がりの角度が変わってくるから、状況に応じてアクションを切り替えられるところもメタルバイブのメリットの一つだね。

 

超極論だが、巻きはともかく、魚の目の前に落とす事さえ出来れば大抵の魚は口を使わざるを得ない動きとインパクトが出せるルアーだと思う。

 

 

【メタルバイブでしか生み出せない”落差”の強さ】

ある意味ここからが本題。

 

メタルバイブの何が凄いって、

 

”100 ↔ 0”

の緩急の落差を生み出せることなのよ。

 

これは”アクション”という意味でもそうだし、”レンジ”、”速さ”という意味でもそうだね。

 

バスでも、シーバスでも、根魚でも青物でもなんでもそうだけど、魚は急激な動きの変化に超弱いのよ。

 

さっきまでブルブル!って急上昇してた奴が、今度は真下にフラフラ&ギラギラさせて落ちていく。

さっきまで表層を泳いでいたやつが、いきなり真下にストンと落っこちていく。

 

動きの質、動く方向、動く速さが100↔0で切り替わる。

これ最高。面白い落差のある奴は魚もYAZAWAも嫌いじゃない。

 

 

シーバスでもバスでも、メタルバイブはただ巻きでしか使わないっていう人もいるかもしれないけど、それは勿体ないよ!

 

落とそうぜ。

例えば杭の横を通る瞬間に落としてあげる。

足元から水深のある堤防で釣りをしてるなら、足元近くまで巻いてきたら急に落としてやる。

 

追っかけて来ていた魚からすると、カバーに逃げ込まれそうになって焦るだろうし、逆にカバーに追い詰めてチャンスと思うかもしれない。

あるいはピンについていた魚が、メタルバイブに気が付いた瞬間に自分の目の前に急落下してくる・・・

 

こういうストーリー性を生み出せるのが、メタルバイブの落差の凄さです。

 

 

【おわりに】

冒頭にも書いた通り、一番釣れるルアーというモノは存在しないです。

そんなものが有ったら釣りは急激に面白くなくなるしね・・・

 

でも魚を強烈に惹きつけ、あらゆる状況下でもルアーとして投げ続けられる・・・という意味では、一番強いルアーはメタルバイブだとオレは思いますよ。

 

強いルアーを、自分の手で一番釣れるルアーにしてみないかい?

 

参考になれば幸いです。

 

以上、ムラキでした。

 

この記事も読んでかない?

buramuraki.hatenablog.com