今と脳ミソをアップデート出来ない老害に唾吐く側でいたい。

どーも、ムラキです。

元釣具屋店員です。

いらっしゃいませ~

 

f:id:buramuraki:20181104115447j:plain

出典:Amazon 

 

 

ちょっと前にさ。

どこぞのトップがメールを導入っていう、ファンキーニュースがあったじゃない。

 

いつの時代??

っていう。

 

でもね、オレ、釣具屋時代に全く同じような経験をして来たからリアルに「あるある」だったのよ。当時も思ったけど、経営者が脳ミソをアップデートできない組織はガチでヤバいです。

 

今回はオレが勤めてた会社の話を交えて、老害と毒について語ろう。

 

今日もぶっちゃけるよ!

 

 

目次

 

 

【メールが使えなかった副社長様】

これ書いて大丈夫かな?

見る人見れば、「コイツ○○で働いてたのね」って分かると思うけどまぁいいや。

 

 

 

ある日、オレが勤めてた釣具屋の本社の幹部からメールが来たのよ。

内容はざっくり言うとこんな感じ。

 

「副社長様(還暦越え)が、メール使えるようになりたいとな。で、今日どっかのタイミングで副社長からメールくるからよろしく」

 

うん、プライベートで孫とやってくんね?

っていう話なんだけど。

 

つーか、今まで使ってなかったのかよっていうファッキンミラクル。

確か、スマホが普及し出すかしないか位の頃だったと思うし、ラインとかもまだ当たり前のツールじゃなかった時代の話。

でも仕事でメールでのやり取りなんて余裕で当たり前じゃん。

マジかよこの会社・・・

 

で、来たのよ。メール。

内容はざっくり言うとこんな感じ。

 

「みんなお疲れ。色々厳しいけどよろしく」

 

よっ!時間泥棒!

マジ、孫とやってくんね?

 

 

で、ここまではまだ良い。あーまた副社長のハイレベルジョークが炸裂したのねー、で終われるから。

 

また本社から来たのよ。メール。

今度は幹部から。

内容はざっくり言うとこんな感じ。

 

「副社長様、みんなからの返信無くて”ちゃんと届いてるぅ?”って困惑なう。返信したげて!!」

 

そっか~ごめんごめん!

オレが間違ってた!

 

 

 

 

来世でやってくんね?

 

 

 

【身内の上司や同僚に”様”を付ける謎のメール慣習】

 ここまでの文章見て違和感感じた人もいるかもしれないけれど、オレが働いてた会社では、メールで上司や相手に”様”を付ける謎の慣習があったのよ。

 

「社長様より~」

「○○課長様宛」

「~店△△様」

 

みたいなのが題名から本文まで盛り込まれてるの。

 

”社長”でよくね?

”課長”でよくね?

”○○さん”でよくね?

 

つーか、常日頃「店員としてレベルアップを~」とか、「社会人として~」とか言ってる幹部連中は何故コレに疑問視しないのか。

 

訳わからな過ぎて、一度社員の先輩に聞いてみたの。

 

「本社の幹部ってこれに何も言わないんすかね??」

 

「言うな。これが社会よw」

 

なるほど、オレはこんな謎慣習を無駄に思わん幹部連中の下で働いてるのね。

 

因みにオレは辞めるまでの5年間でこの慣習だけは無視してメールしてたけど、本社からも上司からも何も言われたことはない。

 

無視しても文句言われないなら、尚更無駄やん。

 

ハイレベルジョークは間に合ってます。

 

 

【過去の当たり前にしがみつく、今をアップデートできないブラック老害は去れ】

真面目な話、別にメール使わなくても良いと思うのよ。

要らないならね。

 

ZOZOの前澤友作なんて、PCを会社に置いてないらしく、連絡は全てスマホ&ラインだけ。というか、会社からPCを無くそうとしたことさえあったらしい。あんなのがあるから余計な仕事が増えるんじゃね?っていう。

社員の反対があったから結局実現しなかったらしいが。

 

でも、”使えないから”使わない人間と、”使ったうえで”要らないと判断する人間では大きな差があるし、そもそも新しいコトを”使ってみよう”、”これで何ができるの?”って思えるか否かは雲泥の差なのよ。

 

釣りでも一緒じゃないですか。

 

これだけハイギアが進歩した現代で、未だに「巻き上げ力が~」「巻き心地が~」とかいってローギアに固執するアングラーも多い。

ぶっちゃけ使いこんでないでしょっていう。

 

これだけスマホが普及した素晴らしい時代なのに、未だに「昔は良く釣れたのに~」「今の若者は気の毒」とか謎に失望悲観するアングラーも無茶苦茶多い。

グーグルアースとか知らねぇの?初めて行く釣り場でもスゲェ便利なんだけど。

あーね、ジグヘッドだけ結んで足元でチョンチョンしてたらバスが釣れてたイージーモード時代に釣りを覚えたんだもんね、仕方が無いよね。

 

イラっとする事あえて書かせてもらってる。

 

でも、オレは自分の知ってる過去の当たり前を疑えない、今と自分の脳ミソをアップデートできない老害が死ぬほど嫌い。

そういう奴に限って、上から目線で下の世代に同情したり、無駄な慣習を押し付けたがるから。

 

ここでいう老害は年齢は問わない。

極論、10代の若者でも老害化した人間もいるからね。

 

 

未来へのタイムスリップは理論上は出来るらしい。

だが、そこには難しいテクノロジーなんか要らないのよ。

 

自分が過去に生きれば良いだけだから。

 

 

 

 【おわりに】

こないだ職場の研修で、還暦過ぎたベテラン社員から意味不明な同情をされた。

 

今の若者は36協定で残業があまり出来ないだの、家・良い車とか高い買い物が出来ないだの、貯金もしづらくて結婚しにくいだの、気の毒なんだと。

 

オレが今働いてる会社はトヨタ系の会社なんだけど、愛知県民の保守性がなんとなく理解出来た気がする。

 

 

若者と老人を分けるモノは年齢じゃない。

 

過去の当たり前に「けっ!」となるか、「ですよねぇ~」となるかの差である。

 

例えガキだと言われても、老害の同情に唾吐く側でいようぜ、若者よ。

 

 

Fucking Hostile

Fucking Hostile

  • provided courtesy of iTunes

 

 

以上、ムラキでした。

 

この記事も読んでかない?↓

buramuraki.hatenablog.com

buramuraki.hatenablog.com