釣具業界は搾取の罠だらけ。メーカーやプロスタッフに振り回されない為のたった1つの意識。

どーも、ムラキです。

元釣具屋店員です。

いらっしゃいませ~

 

 

 

冗談抜きで、釣具業界は搾取の罠だらけです。

 

 

オカルトチックな釣れる秘訣。

 

やたらと釣りを難しくするレーシング化の波。

 

独自の切り口が見当たらないパクリルアー。

 

 

ハッキリ言うけど、

バス釣りなんて格好の搾取マーケット。

 

 

考えて釣りをしない人は永遠にメーカーから絞り取られますよ。

 

 

今日もぶっちゃけるよ!

 

 

目次

 

 

【正解が分からない遊びだからこそ、搾取の罠が増える】

当たり前だけど、釣れない理由も、釣れた理由も、魚に聞くことは出来ないのよ。

 

だから、釣り人は頭を悩まされるし、分からないからこそ釣りにハマるんだよね。

 

でも、”分からない”には2種類あると思う。

 

 

①考えるけど、分からない。

②考えないから、分からない。

 

 

①の人だけ、”分かる”瞬間が来る。

「ココがキモか!!」と。

それでも分からないことだらけだが、それは当たり前だよね。

漁師でさえ分からない事だらけだろうし。

 

 

問題は②。

格好の搾取の的です。

 

ケイムラが釣れると聞くと盲目に飛びつき、ギル型ルアーが流行ると今度はそれを消費し、ダッジが釣れると聞くとメルカリで毎日にらめっこする。

 

メーカーが世に出す、コレ良いですよ~、釣れますよ~という情報に流されてばかりで、自分の軸は何も築いていけないから、何年たっても”分からないまま”。

 

メーカーにとってお金の流れを作りやすい人は、まさにこういうタイプです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うん、

かつてのオレやで。

 

そうよ!

まさに経験者は語るってやつよ!

 

特にバス釣りは、使うルアーも、釣り方も幅広く、右も左も分かんない頃はどうしても色んな情報に流されやすいです。

 

バス釣り以外にも、これが良い、あれが良いという情報は今の時代沢山転がっている。

 

まぁ、このブログも転がってる雑多な情報の一つだが・・・

 

 

なんにせよ間違いなく言える事がある。

 

自分の頭を通して考える癖が無い人は、

 

”軸”という”資産”を永遠に生み出せない。

 

多い少ないは人それぞれだと思うけれど、少なくともこの”資産”を作る意識があるか否かは雲泥の差がある。

 

元釣具屋店員の立場からの意見も含めて、資産を作るために必要なたった1つの成長スタンスを提案したいと思います。

 

 

 

【資産を作りたければ、疑いながら釣りをしよう!】

ウルトラスーパー大事です。

 

メーカーの言う事も、プロスタッフの言う事も、釣りのセオリーも、

 

「それホンマなん?」

 

って疑いながら、

釣りをする。

製品を使う。

 

誤解しないで欲しいのだけど、オレは「耳を傾けるな!買うな!」って言ってるわけではないですよ。

 

それはただの思考停止。

他人の言う事を鵜呑みにするのと、向きが違うだけで本質は同じですから。

 

buramuraki.hatenablog.com

 

アオリイカはエギを着底させなくても中層で普通に釣れるよ、っていう事を書いた記事です。

本文にも書いたが、かつてとあるエギメーカーの営業から笑いながら言われたよ。

 

「だって僕ら、お客さんにはエギを無くしてもらわないとご飯食べれないんでw」

 

だからメーカーは釣り人にエギを無くしてもらいやすい釣り方を提案する・・・っていう思惑だけではないのも本当だろうけど、少なくともこうやって市場は作られていくよ、という話です。

 

メーカーだって釣人だし、人一倍やりこんでるからこそ伝えたいテクニックや世界があるのも事実だろう。別に100%の悪意がある訳じゃないって事だね。

 

だからこそ我々一般アングラーは、やり込んだ人たちの恩恵を、

”疑いながら”授かるのが最も賢い成長スタンスだと思うんですよ。

 

やり込んだ人たちの、時間と熱量がこもった理論や製品自体は基本的には価値があるからね。

 

 

【一番大事な疑問は、「自分に必要か?」という問い】

とは言ってもだよ。

どんなに価値のある情報や製品だろうと、その恩恵に授かとうとする際に、”疑う”、という過程を作れない人は、

 

どこにキモがあるのか?

という、核心には近づけない。

 

その使い方が全てか?

という、自分の釣り場や状況に落とし込んで考えられない。

 

そもそもこれが自分に必要なのか?

という、一番大事な疑問にたどり着けない。

 

 

ここです。

オレがこの記事で言いたいのは。

 

 

結局自分の軸を作るために最も必要なのは、

 

「これ、オレの釣り人生に要るのかな?」

 

っていう疑問を持ちながら釣りをする事です。

 

何故なら時間は有限だから。

 

あれも、これも、ソレも、ドレも・・・

 

なんて無理なのよ。人生が300年あったら別かもしれないけどね。

 

 

【じゃあ、自分に必要かどうかは何で決めるのか?】

ここが難しい。

 

難しいけど、オレなりの答えを提示したい。

 

 

それはね、

 

性癖。

 

 

いきなり卑猥なニュアンスになるが、真面目な話だよ。

 

要は自分が何に恍惚感を覚え、何に興奮し、何を気持ちいと思えるか・・・多分、そういう世界観で選ぶのが一番確実なんじゃないかな。

 

例えば、オレはバスだとテキサスリグでボトムを攻める釣りがたまらなく好きです。

ボトムの変化をロッドで味わいながらリグを操作して、イメージした場所でクンッ!とティップが入る瞬間が一番”ク”るし、フッキングが決まった瞬間に最高の気持ちよさを見出す。

 

だから、この気持ちよさに合うワームやアイテム、というのは結構拘ってると思う。

 

テキサスリグだけで一晩語れるね。もう変態だね。

 

でもそういう事。

 

他の釣りを止めても、バスのテキサスリグだけは時間とお金を投資していく自信も熱意もありますから。

 

 

正直釣り初心者の方には難しい感覚だと思うんですよ。何が気持ち良くて、何が楽しくて、何が必要なのかっていうのは。

 

 

そういう意味では、初心者の人はあえて疑う事は取っ払う方が良いかもしれないけどね。

 

取り敢えず飲み込んでみる。言われた通りやってみる。

 

その方が基本も身に付くだろうし。

 

 

でも、どこかのタイミングで、

 

「これ、俺に合ってるのかな?」

 

という疑問が生まれなければ、恐らく永遠に初心者のままだと思う。

 

 

時間も有限。

お金も有限。

 

メーカーやプロスタッフの言葉を鵜呑みにしていたら、いつのまにか時間もお金も搾取されるだけ搾取されて、自分には何も資産が残っていない・・・

 

こういう人は、意外と多いと思いますよ。

 

 

 

【おわりに】

オレも釣具を売っていた側だから偉そうに言えない部分もあるが、

釣りという趣味業界は、何も考えていない人をいかに躍らせるかで売り上げが決まる部分がある。

 

割と焦げ臭くなる言葉かもしれないけど、これが本音。

 

流れに流される。

最悪。搾取、搾取and搾取しかない。

 

流れに乗る。

最高。考えながらじゃないと出来ないから。

 

自分の流れを作る。

最強!

 

 

 

釣人よ、どれを選ぶ?

 

 

以上、ムラキでした。

 

 

この記事も読んでかない?↓

buramuraki.hatenablog.comburamuraki.hatenablog.com