ベイトの飛距離伸ばしたい!オススメは!?→元釣具屋店員「練習しろ」

どーも、ムラキです。

元釣具屋店員です。

いらっしゃいませー

f:id:buramuraki:20190131223938p:plain

釣具屋でお客さんから結構聞かれる、話になる話題が、

 

ベイトリールの飛距離の伸ばし方。

 

リール本体は勿論、ベアリング、オイル、ラインの巻き量、その他色々聞かれてきた。

 

正直オレもキャストはそんなにべらぼうに上手い方では無いのですが、これはね、ぶっちゃけ超シンプル。

 

 

 もう、断言する。

 

飛ばしたかったら

まずキャスト練習しろ。

 

今日もぶっちゃけるよ!

 

 

目次

 

 

【大前提:飛ぶタックルはもう持ってるから】

今使ってるベイトリールが、

 

・ダイワ・シマノ・アブ等大手メーカー品

・発売されて今から5年以内のモデル

・定価で2万円以上(実売価格1万4~5000円以上)

 

のモノであれば、何の問題も無く快適に飛ぶよ。

もっと言えば、

 

・定価で3万円以上(実売価格2万~3万円以上)

 

のモノであれば、ハッキリ言って「これ以上何を望むの??」ってクラスの満足度は得られる。

 

当然アンタレスクラスのリールと、カシータスMGLクラスのリールとでは当然飛距離の差はあるよ。でないとハイエンドの存在意義が無い。

 

でも、ここで言っておきたいのは、

 

もうあなたは”十分飛ぶモノ使ってるよ?”という事。

 

 経験上、飛ばない、飛ばないって言ってる人の大半は普通にジリオンだ、タトゥーラだ、メタニウムだ、カルコンだ使ってるのよ。

 

普通にタックル豪華じゃん、っていう。

 

 

【+2~3mは完全に練習次第】

もう一押しの伸びが欲しい、足りないって位が+2~3mラインだと思う。

 

これはね、あくまでそのベイトが最も得意とするウェイト範囲で遠投するなら、の話ですが、

 

今より+2~3mの飛距離の伸びが欲しいなら、

普通に練習次第で絶対に何とかなるよ。

 

 ブレーキのベストなセッティングとかも含めてね。

 

まぁ、既に70m~100m近く遠投してるって人は少し話が変わるけど、そのクラスになるともう人に「どうやったら飛距離伸びますか?」なんて聞かないからねw

 

逆を言えば、今使ってるのが先述したタックルのクラスで「なんかもう一押し飛ばねぇな」って感じる程度であれば、そのリールのベイトの性能を引き出しきれていないか、シンプルにキャストの練習が足りてないかのどちらかしかあり得ないです。

 

グダグダ言ってないで練習してください。

 

オイルの粘度だの、ベアリング交換だの論外。

 

 

ソースはオレ。

 

 

【+5m~10mは、練習半分タックル半分かな】

 この位になってくると、もっと飛べばあそこの良いカバー打てるのに、良い感じのブレイク攻められるのに、っていうもどかしいラインだと思う。

 

で、多分ここまで読んでくれた人の大半はココだと思うのよ。

 

いやいやなめんなよ、と。

こちとら何年ベイト使ってると思ってんのよ、と。

 

でもはっきり言うよ?

 

それでもまずは練習です。

 

車でも普通に街中を運転するのに必要な練習と、峠を攻めるような際どい運転するのに必要な練習が違ってくるのと同じ。

 

むしろ、このラインを越えたい人こそ練習しないと。

 

今使ってるタックルの性格、特性、限界を知らないといけないし、それを知った上でのコントロールも必要になってくる。

 

なので、練習するにも考えて練習しないといけないから、このラインを超えていくのは地味に難しい。

 

でね。

ここからが本題。

 

先述の通り、ベイトで飛距離を伸ばしたい人の大半って大概このラインで悩むのよ。

 

何故か??

 

答えは簡単。

 

案外道具やチューニングで何とかなるのも事実だからww

 

見も蓋も無いけどこれはホント。

だから、道具による変化に走っちゃう。

 

実際、10m近くさらに飛距離を伸ばそうとすれば、使ってるタックルによってはリールのグレード上げる方が手っ取り早いだろうな、っていうケースもあるかもしれない。

 

だから、このラインをサクッと超えたかったら、リールをグレードアップしたり、サードパーティー製の高いスプールに買えたり、ベアリングやオイル替えてみたりっていうのも確かに一つの手なのよ。

 

オレも散々やって来たし。

 

が。

 

リール替えた、ベアリングもイイのに替えた、オイルも替えた。

 

ってするじゃん。

ところがね。

 

 

 

 

 

変わるのよ。

コントロールの感覚が。

 

 

 

ここで、練習をバッチリ積んできてる人であれば、

 

「あー、初速のサミングもうちょっとだけ足せばさらに伸びるわ」

 

って、変化に対応できるし、飛距離もさらに伸ばせる。

 

 

でも、半端な練習しか積んでないのに安直に道具の変化に頼る人は、

 

「飛ばなくね?むしろバックラ増えたんだけど?ボッタクリじゃん、キー!」

 

って、なる。

 

 

うん、だってスプールの回転上がってるもん。

君が、対応してないのよ、リールに。

 

 

大事な事だからもう一度言うね?

 

 

対応してないのよ、リール

 

道具っていうのは、性能が上がれば上がる程、ピーキーになればなる程それ相応の技術や知識、対応力が絶対に必要になる。

 

釣り具に限らずね。

 

半端な練習しか積んでない人が、安直にべらぼうに飛ぶチューニングしたって、

 

その特性を理解して対応できるだけの技術が追い付いてなければ、使いこなせないどころか余計にトラブルを増やす事になりかねない。

 

これマジで案外あるあるですよ。

 

「かっ飛びチューン??前よりバックラ増えたしww」

 

みたいな人いますからホントに。

 

ベイトタックル使用者が一番伸ばしたいラインを超えるなら、道具に拘るのも確かに手だけど、

 

それ相応のセッティングやアイテムを乗りこなせるだけの練習を積まないと意味がないです。

 

ソースはオレ。

 

ソースはオレ。

 

大事な事は2回言う。

 

 

【おわりに】

 偉そうに語って来たけど、冒頭にも書いた通りオレだって大してキャストは上手くない。

 

でも、散々道具に金ぶち込んで痛い目もイタい目にも合ってきたのよ・・・

 

その結論として、

 

結局、練習。

 

っていう答えに達した。

 

良い道具を求めるのは勿論大事。

でも、それ乗りこなすにも練習が必要だという事だけは覚えておいて欲しい。

 

 

参考になれば幸いです。

 

以上、ムラキでした。

 

 

この記事も読んでかない?↓

www.muraki-ex-clerk.com

www.muraki-ex-clerk.com