答えから学ぶ。釣れない悩みの9割は「雨の日に行け」で解決する説。

どーも、ムラキです。

元釣具屋店員です。

いらっしゃいませー

f:id:buramuraki:20190523135453p:plain

 

結構前だけど、こんなツイートをしたら地味にバズった。

 

冗談抜きで雨は偉大。

 

良かったら最後までよろしくどーぞ。

 

目次

 

昔はオレも雨が嫌いでした。

過去には「雨は釣れるよ!」っていう記事を沢山書いてきたのですが、正直オレも昔は雨の日はただただ萎えてました。

 

持ってたレインウェアも数千円位の安物、というか持ってすらいない時期も短くはなかったかもしれない。

 

ルアーやエギには何万も使うし、どのルアーが釣れんの??って事ばかり追いかけてた。

 

どのベイトリールが飛ぶか?

どんなカスタムしたらいいのか?

どのカラーが釣れるか?

あそこの新作はどーなん?

〇〇ジャークってイカが釣れる?

 

今思い返しても、道具の事、小難しいテクニックばかり追いかけてたかな。でも大して釣れないっていう。

 

ほろ苦い。

 

脳内に衝撃が走った、6月の雨の日。

今でも覚えてるけど、人生で初めて50UPのバスを釣った時に、

 

「そういう事か・・・!」

 

っていう衝撃が脳内に走った。

 

梅雨に入ったばかりの6月、先月まであまり釣果に恵まれなかったので、今日こそはと息巻いて安物のレインウェア着ていつもの野池に立った。

 

そこは普段からプレッシャーが高いメジャーポイント。釣れても子バスが殆どだけど、まずは朝一という事でトップウォーターから始めてみる。

 

数投後、50UPが釣れた。

 

いつも投げてる釣れないカバー際から、ノイジールアーにかっ飛んでいく巨体が丸見えだった。

 

色々衝撃的すぎて、バスを持ったまま呆然とした。

 

いつものシャローだし、投げてるルアーも、投げてるコースも大して変わんない。

 

となると、重要ファクターは何なのか?当時の自分でも速攻で理解した。

 

「雨だ!」

 

と。正確に言えば6月っていう、産卵による消耗から回復しだす時期と重なったのも大きいです。食い気が立った表層を意識する魚が増えるので。当時の自分はその辺りのバスのシーズナルパーンさえ理解してなかったので、時期的なファクターは後付け。

 

だけど、その日の重要ファクターはどう考えても雨しかなかったです。

 

他にも色んなルアー投げて、ちょこちょこバスは釣ったけど、結局その日の釣果ではトップで釣った魚が一番大きかった。

 

「雨が降ると活性が上がり、水面は意識しやすくなる」

 

っていうセオリーを、体と脳細胞レベルで理解したんだよね。

 

北方謙三は「ソー〇へ行け」と言った。

ウルトラ有名な話だけど、小説家の北方謙三が雑誌の質問コーナーで童貞に悩む若者の読者に、

 

「ソー〇へ行け」

 

と喝破し、それどころか、

 

「最初は慣れてる熟女のお姐さんでもいいじゃないか」

 

と、最初の相手まで指南する、余計なお世話極まりないアドバイスまで放り込んだ。

 

ただこれ、名言だと思うんだよね。

 

釣りに置き換えればさ、

 

「ごちゃごちゃうるせぇ、釣り方は釣れる魚で学べよ」

 

って事だよね。

 

答えから学ぶ。釣れた魚から釣り方を教わる。

結局どんな魚でも、”釣る”っていう体験に勝る学習法は存在しないと思う。

 

学ぶから答えが返ってくるんじゃなくて、答えの中からしか人は学べない。

 

「こういう場所にいるんだね」

「こう動かすと反応するのか」

「潮が動き出したら急に釣れた」

 

っていうのは、例え事前にネットの情報や他人から教えてもらっても、自分のロッドで魚の重みを感じ取るまで理解するのは不可能だと思うんですよ。

 

ホットドッグプレスを読み漁ったおかげで童貞卒業した人間、上手く彼女と出来た人間なんて限りなく0に近いのと同じだよ。 

 

先述の初めての50UPだって、雨は活性が上がるよ、っていうのはずっと前から知ってたんですよ。でも「ほーん」・・・っていう。知識として知ってても、ロッドで体感していなかったから結局は知らないのと同じ。だって雨の日に行って無かったからね。

 

だからこそ上達するには、

 

釣れる雨の日に行き、釣れる魚に相手にして貰う。

 

っていうのが最も効果的なんじゃないですかね。

 

雨は学びと発見の宝庫ですよ。

 

おわりに

小難しいカラーチョイスだとか、たった数mの飛距離の差だとか、メルカリで気になってる激レアルアーとか、雨の日のシャローの前ではクッソどうでも良くなります。

 

特に初心者の人が、釣れないからって半端にセオリーや基本を疑い、あれこれテクニックや余計な知識を詰め込む泥沼に陥るのは一番良くないかと。

www.muraki-ex-clerk.com

 

そういうのは、雨でビショビショになって良い魚に手が震えてからで良いじゃない。

 

北方先生に喝を入れてもらいたい人はコチラから↓

 

 

 

以上、ムラキでした。

 

この記事も読んでかない?↓

www.muraki-ex-clerk.com