実はテクトロって最強なんじゃね?魚が釣れないのは”注視”してるからかも。

どーも、ムラキです。

元釣具屋店員です。

いらっしゃいませー

 

f:id:buramuraki:20190707175725p:plain

 

ふと思ったんだけど、ルアー釣りにおいてテクトロって実は最強の釣り方なんじゃないかな?

 

テクトロっていうのは、テクテク歩いて足元でルアーをトローリングさせる事。

 

こういうヤツね↓


東京湾奥シーバスをテクトロで攻略

 

岸際っていうのはベイトフィッシュを追い詰めやすい場所なので、美味しいコースをずっと通し続けられるっていう合理性も勿論あるんだけど、

 

魚を注視しにくい。

 

っていう合理性も割と大きんじゃないですかね。

 

 

良かったら最後までよろしくどーぞ。

 

目次

 

イカを見つけても知らんぷりをしろ。

って、エギングが上手い釣り仲間から昔言われた。

 

アオリイカチェイスしてきたり、回遊してきたのを見つけても知らんぷりして凝視するな。あさっての方向を向いてエギだけイカに向けて投げろ」

 

それで釣れるから、って。

 

長嶋茂雄かな??

 

つーか、”あさっての方向”って漫画だけのセリフじゃなかったのね。

 

オカルト論理なんだけど、その人本当にエギングが上手かったから無駄に説得力はあったんですよね。

 

真似しなかったけど。

 

というか出来ねぇよ。

バスは指差しちゃダメ!

って、バスプロの加藤誠司もかつて語っていた。

 

何の雑誌だったか忘れたけど、取材中にバスを見つけても”ホラ、あそこいるよ”ってバスを指差さないようにしていると話していた。ロッドで指し示すのもダメなんだとか。

 

魚は水の外の世界から注目される事を恐れているし、敏感なんだと。

 

この話も地味にオカルトっぽいけど、オレは割と共感できるんですよね。後述するけど、魚って人間が思ってる以上に陸空の世界を見てると思ってるので。

 

それに、意外と先述の知人の話と主張の本質は同じですよね。

 

注視するな、って。

 

長嶋茂雄が言えばオカルトだけど、桑田真澄が言えば理論に聞こえる的な、いわゆるひとつのパラドックス

魚は意外と外の世界を見てると思う。

人間も脅威だと思うけど、何より鳥っていう冷酷なハンターがいるからね。

 

空中は当然として、岸際に立っていたり、岸の付近の木や電線に止まっている事もあるわけで。

 

魚にもよるだろうけど、外の世界の脅威にビビらない魚はデカくならないとさえ思う。

 

問題は、魚が鳥や人間の存在と、敵意を向けられているか否かをどれだけ察知できるのかっていう話だけど、こんな話があります。

魚は人間の顔を判別できる?

3年位前の記事だけど、魚が人間の顔を識別可能である事を立証した研究結果がニュースになった。

www.cnn.co.jp

 

テッポウウオが実験対象として用いられたのは、水の外の獲物に向けて的確に狙い打って水を打ち込む能力が見込まれたからなんだと。

 

それだけ陸の生物の存在を認知する力に長けてるのでは、という判断だね。

 

実験の仕方はこんな感じ↓

 

実験はテッポウウオに顔を覚えさせたい人物1人の画像を決め、ほかに用意した44人の顔のうち1人の画像と並べて見せるというもの。

 

2人のうち、教えた人物の方に水を噴き出せばえさを与えるという方法で当該の人物の画像を覚え込ませる。

 

2~3日で識別できたケースもあれば、2週間かかるケースもあった。最終的には81%の確率で正解が出せるようになった。

 

チームは難易度を上げるため、写真を白黒にして人物の輪郭をそろえてみた。すると的中率は下がるどころか、86%に上がったという。

 

チームは今後、魚が人間の顔以外のものも見分けられるかどうか、さらに研究を進める構えだ。

 

※記事より引用

すげぇ。

 

因みにテッポウウオって、ジャンプして捕食する事も多々ある魚です。


テッポウウオが木の枝のゴキブリや昆虫を水鉄砲やジャンプで捕食する動画

 

スナイパーかと思ったら、近距離戦も強かった。

 

シモヘイヘかな??

 

ただ、この顔の認知がテッポウウオだから出来た事なのかは不明だけど、オレは他の魚でも案外人間の顔を認知できるような気がするんだよね。

 

例えば心霊写真なんかでよく言われる、”3つの点が集まると顔に見える”っていう話があるけど、あれはシミュラクラ現象っていう脳の働きによるものだろう、と言われてる。

 

人は相手の危険性などを察知する際に本能的に最初に目を見てしまう習性があることから、逆三角形に位置した3点を見ると顔に見えてしまう程、顔に敏感なんだと。

 

野生の感覚から遠のいた人間でさえ本質的に顔で脅威を判断するなら、魚も含めた生きるか死ぬかの野生生活を送る動物からすると、脅威になる存在の顔や目線を認識するのは割と日常的なんじゃないかな。

 

テッポウウオ”捕食するため”に顔を認識したなら、”脅威を避けるため”に顔を認識してもおかしくないと思う。

 

となると、顔の向きから自分への”注視”にビビる事はやはりあるんじゃないですかね。

実はテクトロって最強なんじゃね?説。

ある意味ここからが本題。

 

テクトロは、1か所に留まらない上に、顔や目線を水中に向けなくて済む(向ける度合いが少なくて済む)。

 

人間だって、自分が仕事してる真横で上司から注視されたら嫌じゃん?でも、自分のデスクの横を歩きながらチラ見される分にはあまり気にならない。

 

それと同じで、一定の場所に留まらずにむしろ自分から遠ざかっていく対象、っていうだけで魚は警戒しづらくなるのでは。

 

プラス、自分に目を向けていない=自分に気が付いていない(もしくは敵意が無い)、っていう要素が加わるので、

 

テクトロは最も魚に警戒されにくい釣り方なんじゃないかな…

 

と思うのです。

ただし、メバルはちょっと例外な気がする。 

メバルのテクトロっていうのも釣れなくはないらしいし、有効な状況もあると思うけど、少なくともオレはあまりおススメしないかな・・・

 

メバルは昼も夜も結構やってきた自信があるけど、メバルは不用意に岸際に立つと最も釣れなくなる魚の1つだと思っています。

 

特に良型はそれが顕著。

 

岸際に立った瞬間に、浮きゴミや、少し先に沈んだ岩からメバルが全速力で沖へと逃げていく姿を昼のデイゲームで何回も見て来たからね。影を落としたわけでもないのに、です。

 

という事は、海の外をよく見てるっていう事実なんだと思うんですよ。

 

釣人が気が付いてない、あからさまにメバルが逃げていないだけで、岸際に立ってしまうだけで釣れなくってしまうケースって結構あると確信持って言える。

 

一時期、9ftのかなり長めのメバルロッドを使用していたんだけど、選んだ理由はそこなんですよね。岸から離れて足元にリグを落とし込みやすく、岸から離れてキャストしても飛距離も稼げるので。

 

”影を水中に落とすな”、っていうのは全ての釣りに共通して言える常識だけど、メバルに関しては”見つかるな”レベルの隠密行動が釣果を伸ばすキモの1つだと思っています(特に良型を狙うなら)。

 

ただ、

 

これがもし、目線を水中に向けずに岸と平行に歩けば話は変わってくるかもしれませんが。

 

因みにカサゴのテクトロは普通に釣れます。

 

堤防でお試しあれ。

おわりに。

”魚に殺気が伝わる”っていう話はよく聞くし、逆にビギナーズラックっていうのも釣りではままある話。でもこれ、実は同じ観点の話なんじゃないですかね。

 

水中を注視し過ぎなのが前者、イイ感じによそ見してるのが後者・・・っていう。

 

魚が釣れない時は、あまりに水中を睨みつけ過ぎなのが良くないのかもね。

 

アオリイカが中々釣れなくて悶々としてたら、冒頭の知人の話を思い出したきっかけで思った事をまとめてみたけど、所詮はオカルトチックな推論に過ぎませんのであくまで参考までに・・・

 

以上、ムラキでした。

 

この記事も読んでかない?↓

www.muraki-ex-clerk.com

www.muraki-ex-clerk.com