「釣れたルアーは秘密っスw」← ホグワーツ産かな?

どーも、ムラキです。

元釣具屋店員です。

いらっしゃいませー

 

 

釣人には秘密主義者が多いです。釣り場に関しては特にそうですね。良い悪い両方の側面があるけど基本、釣り場を秘密にしたがるのはしょうがない事です。

 

場所というのは最も大事なファクターですから。

 

ただねぇ・・・昔から理解に苦しむのが、”釣れたルアー”を秘密にしたがる人。釣れるルアー、と言い換えてもいいのですが、こういう人って、そのルアーに特殊な魔法が掛けられてるとでも思っているんじゃないの。

 

ポッター君からホグワーツ魔法魔術学校産ルアーでも取り寄せたのかな?

 

良かったら最後までよろしくどーぞ。

 

目次

 

大前提:釣りは「場所とタイミング」が一番重要。

はい、もうこのブログでしつこく書いてる事です。

 

「お前マジでしつこいよな?」って人はスルーしても良いよん。でも大事な事なのに、案外プロでさえしっかり言わない事だからしつこく言わせてよ。

 

大前提として、釣りにおいて「場所とタイミング」というのは一番重要なファクターです。ぶっちゃけて言えば、それがバッチリあってさえすれば、ダイソールアーだろうと初心者だろうとあまり関係無いです。

 

ワールドシャウラにステラ決めた上級者アングラーの横で、ワールドスピンにリバティークラブを組んだ初心者が「え、高い道具で素振りしに来たんすか??」って、Gacktに喧嘩売る桐谷健太ばりに煽る事だってワンチャン可能です。でもそんなんやっちゃダメよ。

 

逆の事を言うと、だからこそ釣人、特に場所とタイミングの重要性が骨身に染みたベテランアングラーは、釣り場や入るべきタイミングというのを人に話したがらないんですね。

 

細かいテクニックやコツも確かにある。あるけど、釣る為には良い場所に良いタイミングで入る事が一番大事だって知っているから言いたくないんです。

 

これは300年後でも変わらない話だと思いますよ。

釣り場を言いたがらないのは当然。

「釣人は、何故釣り場を教えてくれないの??」

 

っていう、初心者の方にありがちな疑問に答える為の記事を、以前かきました。

www.muraki-ex-clerk.com

 

初心者の頃って、右も左も分かんないし、釣り場で出会った人とかに聞いても教えてくれなかった・・・っていう経験は多少なりとも誰でもあるはずです。オレだって思ったもん。ケチやなぁって。

 

でも、これはしょうがないですよ。何回も言うけど、釣りにおいて一番重要なファクターなので、安易に人に教えてしまって自分の釣る魚が減るのは誰でも嫌です。

 

釣人が増えすぎて場が荒れてしまったり、駐車スペースがそもそも無いって事さえあり得るし、それだけならまだしも、人が多過ぎて近隣に多大な迷惑が掛かったせいで釣り禁止になる可能性さえ考えられる。

 

実際、そうやって潰れて行った釣場なんて日本中にゴロゴロありますよ。

 

で、先述の記事でも書いたのですが、特に初心者の方が理解しておかないといけない事がある。それは、釣り場の開拓には「お金×時間×労力」という資源の投入が必要だという事です。

 

みんな、あそこでもない、ここでもない、~の時に入ると良いんじゃないか、っていうトライ&エラーをひたすら繰り返して「こういう時にはココだね!」っていう持論を突き詰めていっているわけですね。

 

で、で、時間と労力が掛かっているというのは容易に想像しやすいと思いますが、忘れちゃいけない。お金だって掛かっているんです。ガソリン代、高速代、エサ代、渡船代・・・当然っちゃ当然ですが釣りに行くだけでもお金は掛かるんだよね。

 

そうやって貴重な資源を投入してようやく手にする一番重要なファクターを、簡単には言いたくない。し、安易に聞くのも良くない(仲が良い仲間とかは別だよ)。

 

極論ですが、漁師さんに「漁場を教えてください」なんて絶対に聞けないのと同じです。怒られますよ。

 

だから、釣人に釣り場を聞いて「ごめんね」ってはぐらかされても、それはケチでも何でもない。真摯に釣りに向かい合った人間の権利と誇りでさえある。

釣れたルアーを秘密にする意味って殆ど無い。

ここからが本題です。

 

ここまで書いた通り、釣り場を秘密にするのはもうしょうがないとして、釣れたルアーをやたらと秘密にしたがる人って「どーなの?」って思うワケです。

 

「そんなん個人の自由やんけ」

 

って人もいるだろうし、実際そうなんだけどさ。

 

そうなんだけど、そこを秘密にする意味って本当にあるの?たかがルアーやで、っていう。

 

極限状態の鬼プレッシャーが掛かりまくった、賞金が掛かっているバストーナメントとかであれば、それも理解できない話では無い。先述の漁師の例えじゃないけど、企業秘密と言われても仕方がないと思う。生活が掛かっているしね。

 

でも、一般人の釣人が、わざわざ秘密にしないといけないようなルアーなんてたかが知れているのでは。いつでもどこでも、それを投げれば爆釣できる魔法が掛かっているとでも思っているのかなぁ。

シークレットルアーは、使いどころが限定的。

これは断言できるけど、釣人が秘密にしたがるシークレットルアーって、大抵、使いどころが限定的です。

 

実はオレにはシークレットルアーというのがあった。正確に言うと、シークレットメソッドというべきか。クロダイトップで、バス用のビッグペンシルを使ってハイアピールさせて狙うメソッドです。

 

最初は「こんなんデカすぎて流石にねw」と思いながらネタで投げてみたら、ありえんくらいの水柱が立ち上がり、クロダイが奪い合うように襲い掛かってきて恐怖さえ感じた。当時は「マジでこれは人に言えん」って連日楽しんでいたものです。

 

でもある程度使い込んでみて分かったけど、それが劇的に効くのってかなり限定的な条件下においてだったんですよ。正直、はっきりした条件は今でも確立できていないでいる。水温なのか、ベイトフィッシュなのか(多分これが一番デカい気がする)よくわかんないけど、ハマらない時はハマらない。

 

当たり前すぎる話ですが、特殊な魔法なんて無かった訳ですね。しかも、ググってみると似たようなことを考えている人も普通にいたし、雑誌でもやっている人を見た事がある。

 

その時に痛感したけど、ルアーは所詮ルアー。使いどころがそれぞれあり、ハマれば爆発的にキマるなんて当然の話です。いつでもどこでも魚がワラワラ沸いてくるなんて、エサ釣りでもあり得ません。

 

だからシークレットルアーなんていうのは往々にして、使いどころに限定的にはまった時の威力にインパクトを覚えた、バイアスが掛かりまくっただけのモノだと思いますよ。

 

中には、そういった使いどころ等を全部含有した意味で秘密にする人もいると思いますが、結局は場所とタイミングという前提条件下の話なので。ルアー教えただけでみんながみんな、いつでもどこでもバカスカ釣れるワケなんて無いですよ。

 

「ルアーは言えないっすけど、マジで爆釣でしたw」

 

みたいに言うお客さんとかも見てきたけど、案外そういう人に限って本当の使いどころを理解していない気がします。

加藤誠司に見る、プロの余裕。

少し前の動画だけど、秦拓馬のYOUTUBEの動画で非常に面白いものがある。


突然、有名人が現れるシリーズ!第2弾でまさかの超大物が!!【世界的奇跡映像】

 

2018年のJBトップ50(トーナメント)での霞ヶ浦戦で、加藤誠司が3位に入賞した時の場所やパターンを、一般アングラーに教えて釣ってもらうという企画動画なんですが、

 

動画でここまで親切に語って良いんですか?って位、濃く語っている(6:30~)。

 

大まかなエリアだけっていうなら、隠しようが無いから分かるけど、ボートポジションはどこで、どのあたりに沈船があって、どこからサンドバーがあって・・・っていう情報まで語っているので、加藤誠司の余命を心配した。もう思い残す事は無いのかなってw

 

使用ルアーだって公表している。当然ジャッカル製だし、ウイニングルアーはしっかりアピールしないといけないからね。

 

ごく一部の人しか読まないような雑誌で語っているなら分かるけど、影響力があり過ぎるYOUTUBEの動画でここまで語った事に本当に驚いた。人的プレッシャーだって増えるだろうし、来年の自分の首を絞める事になりかねないよね。

 

で、何で加藤誠司がここまで平気言えちゃうのかっていうと、答えは簡単なんですよ。

 

再現性が低いって分かっているから。正確に言えば、ハマるタイミングを読めないと、トーナメント時のような釣果は生まれない場所だって分かっているからです。

 

ましてやルアーなんて、その場所で一番ハマるレンジをハマるアクションで探れるモノを選んだだけに過ぎず、使いどころにハマっただけなので、シークレットにする意味も無い。

 

本当にヤバい場所でヤバいルアーを使ったのなら、流石に動画でしゃべったりしないと思いますよ。でも、ここまで公開してしまうという事は、良い場所だけどトーナメントの釣果みたいな再現性は低い場所だって知っている証でしょう。

 

バス釣りで生きてきた人がここまで公開しても問題ないって思えるんだから、プロの余裕さえ感じる。

 

一般人が言うシークレットルアーなんて、この人達からすると「う、うんw」じゃないの。

個人の自由だけど、それ魔法ちゃうで。

何度も言う通り、何を秘密にしようと個人の自由。わざわざ言う義務なんて無いし、他人が聞き出していい権利も無い。

 

でもそれ、あんま意味無いと思うよ。

 

そのシークレットって限定的な条件下での威力が凄まじいだけだし、いつでもどこでも投げたら釣れる魔法なんて掛かっていません。あると思っているならそれこそ幻想です。

 

当たり前の話ではあるけれど、意外とこの辺を大きく誤解している人がいる気がします。結局は、場所とタイミングじゃないの、っていう。

 

キモを理解した上で本当に秘密にしたいルアーがある、っていう人も当然いるよ。だけど、そういう人は往々にしてそもそも「秘密っスw」なんて言いません。静かに静かに使う。隠れた名作ってそういうもんです。

プロトルアーにモザイクを掛けるのって良くないんじゃね派です。

最後にメーカーに対する苦言を。

 

メーカーやプロが、プロトルアーで釣った魚をネットで公開する記事とかたまに見るのですが、その時にルアーにモザイク掛けて宣伝するのは個人的に良くないなーって思う派です。

 

自社で作ったモノの良さをアピールするのは当然なので、基本、問題ないけど、堂々と公開できないモノをもったいぶるように煽るのってどうなんですかね。

 

明らかに新しい製法、新しい素材、新しいシステムを採用しましたっていうモノなら分かるのですが(他社に真似されない為に)、往々にして普通なんだよね、その手のルアーって。

 

多少奇抜な部分はあってもAにBを加えただけとか、Xの釣りにYの釣りで使うルアーを用いるとか。もったいぶっておいてそれかよ、っていう。

 

経験上、その手のモザイクかけてまで宣伝するようなモノで、公開をためらうのも無理は無いようなポテンシャルが高いルアーは極めて少ない。

 

あえて言うなら、デプスのバイオレータージグは「これは劇的に売れるかも」って当時思った。雑誌でモザイク掛かっていたから「ハイハイ楽しみー」程度に見ていたけど、これは本当にポテンシャルが高かった。

 

ちょっとデカすぎるのもあって劇的に売れはしなかったけど、まぁまぁ売れたし、今で在庫として定期的に仕入れているお店も見かけるね。

 

少し話がそれたけど、「見せられないけど新作ルアーヤバいっす!」ってやたらと購買欲を煽るようなやり方は逆に引く人も多いし、無暗にルアーに対して幻想を膨らませるのって特に初心者に対して良くない気がする。

 

マジで見せられないなら静かに追求して下さい。

おわりに&余談

誤解して欲しくないけど、どんなルアーを使うのも基本自由だし、どんなスタンスで釣りをしたって良いと思います。趣味ですし。

 

シークレットの1つや2つ、ルアーに限らず誰だってありますって。

 

ただ、

 

釣れたルアーをやたらと秘密にしたがる人って、オカルトチックな魔法性みたいなモノを見出してしまっているケースが多いんじゃないの?っていう話です。

 

ルアーなんて一番最後に選ぶファクターだと思いますよ。

 

最後に余談だけど、先述のデプスのバイオレータージグを軽く紹介しておきたい。

 

デプス(deps) ラバージグ バイオレータージグ 3/8oz ブラック/スケールブルーグリッター #06

これ結構好きなジグなのでちょっと語りたいのw

 

極太ラバーのおかげで水中で受ける抵抗が大きい。ブレーキがイイ感じに掛かるので、同じ重さの他のジグと比較しても、フォールスピードや移動距離を抑えられます。

 

個人的にはリフト&フォールの釣りでお世話になったな。滞空時間が長いとバスに見せられる時間が長くなるので、「ボトムの広範囲を探りたい、でもスイミングじゃなんかキツそうなので食う間を与えられる釣りがしたい・・・」って時にオススメ。

 

デカイしボリュームもまぁまぁあるので、バスがいそうなピンスポットで移動距離を抑えてジワジワイラつかせるのもアリ。

 

トレーラーワームは、ジグが大きいのでそれなりのサイズのモノさえ選べば基本、なんでもOKかな。

 

ただ、先述のリフト&フォールで使うなら水噛みが良くて、スローでもしつこくイヤらしく、良く動くスイングインパクトFATがオススメです。

 

KEITECH(ケイテック) ルアー スイングインパクトファット 5.8インチ 418 ブルーギル゛フラッシュ
 
 
 
 
KEITECH(ケイテック) (2013-11-29)
売り上げランキング: 46,826

 面白いジグなので試してみてね。

 

参考になれば幸いです。

 

以上、ムラキでした。

 

この記事も読んでかない?↓

www.muraki-ex-clerk.com

www.muraki-ex-clerk.com

www.muraki-ex-clerk.com