水温計は嘘を言わない。

水温計、水温計ってしつこい元釣具屋店員のブログ。

釣りは自粛すべきかどうか問題について。

どーも、ムラキです。

元釣具屋店員です。

いらっしゃいませー

 

 

新型コロナウイルスが深刻化し、もはや乱世と呼べる時代がやって来た。

 

正直、オレも2月くらいまでは対岸の火事的な部分もあったのですが、今はもうそんな悠長なスタンスではいられないよね。流石に。

 

実を言うと、豊橋から東京に移住しました。

今年の頭頃に。

 

まぁ、その辺の話は長くなるし、超パーソナル事情なので詳細は割愛しますが、東京に住んでるとどうしても電車に乗らざるを得ない。

 

満員電車に乗ってるわけじゃないけど、ぶっちゃけ自衛というより、いかに他人に移さないかっていう観点での行動の方が大事だなって毎日思ってる。正直、感染する時はもう感染するやろっていうのが本音。

 

いうてもオレも30代だし、幸い、身近に関わる人に高齢者はいない。自分が重篤化するリスクも、重篤化しやすい人に移すリスクも低い部類ではあると思う。とはいえ、休みの日は流石に引きこもってるけどね。

 

とりま、今の所なんとかやってます。

 

で、本題ですが、今回は新型コロナウイルスの影響によって、社会が大きく変わっていく様を見て思う事をあれこれ雑記的に書きまとめようと思う。

 

まぁ・・・ブロガーとしてはあまり使いたくない言葉なんだけど、今回ばかりは予防線を張らせてもらう。

 

あくまで個人の見解です。

 

何があっても、

 

「ムラキが言ってたから~したのに!」

 

的な事は言わんといて。

 

良かったら最後までよろしくどーぞ。

 

目次

 

釣りは行っても問題ないと思うよ。ただし・・・

新型コロナウイルスの影響で、釣りに行くのってどーなの?って迷う人も多いと思うけど、率直に言います。

 

オレは釣りに行く事自体は基本的に問題ないと思ってる。

 

ただし・・・

 

緊急事態宣言が発令している間は家にいた方が良いです。

 

先日読んだ記事ですが、ゾッとしますよ、コレ↓

ryomasahiro.hatenablog.com

 

医療従事者の方の記事です。

まぁまぁショッキングです。

 

全部読んで欲しいけど、一番大事な部分を引用しておきます。

 

今、医療機関は、戦時中の兵士と同じです。

 

国同士の戦争中、戦地以外では兵士がどんな事をしてるか、多くの国民の人は知りません。しかし戦争では兵士が戦い、死に、場合により国民も巻き添えになって死にます。

 

今は、見えない敵勢力と地球が戦争してるようなものです。

 (中略) 

自宅待機やテレワークにストレスがたまり辟易してるのは非常に分かります。分かった上で、本当に外に出るのはやめてほしいです。

 

外で銃弾や兵器の爆音がなっていたら、おそらく外には出ないでしょう。

 

医療従事者の僕らには、街がそう言う風に見えてます。だから外に出て欲しくないんです。どんなにバカな理由から外に出たら人でも、どんな自殺行為によって病に侵された人も、

 

僕らは見捨てることができません。

 

僕らの仕事を増やすなと言うことを言いたいんじゃないんです(本音を言えばそれも言いたいが、)、自分の命を粗末にするなと

 

僕は伝えたい。僕らにだって、救えない命は救えない。

 

けれどこのままだと、救えた命も、救えなくなる。

記事の中に出てくる患者さんがどうなったかは伏せられているけど、こんなニュースが上がっていたよ・・・とだけ言っておきます。

 

news.tbs.co.jp

 

感染者拡大を抑える段階として今は重要局面です。釣りだろうと何だろうと、5月6日まで待てないような用事なんて基本無いはずですから、外出そのものを控えようよ。勿論、仕事とか生活必需品の買い物等どうしようもないケースは別です。

 

感染リスクと医療現場をひっ迫させる可能性を極力減らす手段として、家から出ないっていう選択は現状最強レベルで効果があります。

 

5月6日までは我慢しよう。

特に関東圏の人は。

 

・・・っていう大前提を話したうえで、「釣りに行くこと自体は問題ない」っていう話に戻ります。あくまで5月6日以降(緊急事態宣言が延長されなければ、ですが)の話として読んでね。

 

釣り自体は割と安心して楽しめる遊びじゃないですかね。このご時世でも。

 

いわゆる3密になる機会が極めて少ないし(後述するけど例外はあるよ)、電車のつり革的な、他人が触った物にべたべた触れる機会も少ない。マイカーで釣りに行く人も多いよね。

 

むしろ一般的な趣味の中で、このご時世でも比較的安全に外で楽しめる遊びとして、優秀な部類にさえ入る気もする。

 

例外はあるけど、過度に神経質になって自粛する必要は無いんじゃないですかね。

 

 とはいえ、緊急事態宣言が発令して以降、営業時間を短縮する釣具屋も増えたし、釣り公園や遊漁船とかでも営業を休止しているトコロは多いです。緊急事態宣言が収まった後でもどうなるか分かりません。

 

いくら3密を避けられるからって、これまで通りに釣りを楽しめる訳じゃない。影響はどうしたって受けてしまうよね。

 

まぁ、これはオレの持論だけど、当面の間は岸釣り、それも出来るだけ近場での釣行をメインにするべきじゃないかな。

 

逆に言うと、

 

・遠征

・遊漁や渡船

・レンタルボート

 

での釣行は、やめとこう、とは言いませんが当面の間は見送った方が良いかもね・・・

 

遠征は特にそうです。さらに言うと、関東や都市部在住の方は一番気を付けないといけない。。遠征先でウイルスを貰ってくる可能性より、自分がウイルスを持っていってしまう可能性の方が怖い。

 

こういう、自治体や住民側から「極力控えて!」って訴えるケースもあるからね↓

www.chunichi.co.jp

 

同町は人口約五百人の漁村で、六十五歳以上が六割近くを占める。賀田湾に面していることから、年間を通して町外から多くの釣り客が訪れる。

 町内会長の上村紀美男さん(77)によると、県が独自に出した「感染拡大阻止緊急宣言」以降、初の週末となった十一、十二の両日は町外からの釣り客が急増したという。海沿いの道に県外ナンバーの車が多く止まり、堤防から釣りを楽しむ家族連れらを多く見掛けた。

 町内会や三重外湾漁協三木浦事業所などは十三日に役員会議を開催。「町内は高齢者が多い。もし、新型コロナウイルスが持ち込まれたら大変」として、町外の釣り客に向け、当面の間の自粛を求める立て看板の設置を決めた。

 

三重の尾鷲一帯はとっても素晴らしい釣場。だけど、基本的に釣人にとって魅力的な釣り場は高齢者が多い地域が多いと思って良いです。雑に言えば田舎なので、そういう地域って。

 

遊漁での船釣りや、渡船を利用して沖磯に上がるのも3密に抵触するかな。人数と船の大きさにもよるだろうけど、ソーシャルディスタンスの確保を約束されるとは限らないと思う。

 

レンタルボートもそうだけど、船の場合、人がつかまり易い場所には安易に触れたくないだろうけど、つかまらない事には安全を確保できない事もあるよね・・・

 

とはいえ、遊漁や渡船、レンタルボート業だってこの業界には欠かせない仕事です。そういった業者に関しては、今後はソーシャルディスタンスの確保の為に定員を削減したり、マスクの着用義務、その他感染要望の為の船内ルールを徹底する方向で進めて行くべきだと思う。

 

逆に言うと、そういう変化に対応した業者であれば利用するのもOKだと思いますね。

 

過度な自粛は良くないけど、マスクはした方が良いよ。

ここまで述べた通り、オレは釣りに行く行為そのものは過度な自粛モードになる必要は無いと思います。

 

ただね、

 

それでも人との接触が全くないとは言い切れないので、マスクを用意するなり、最低限バンダナとかタオルを口元に巻くなりして(見た目のガラは悪いが)から釣りをした方が良いんじゃないですかね。

 

予防ではなく、「あなたに飛沫を飛ばさないように意識してるよ」っていう周囲への意思表示は必要だと思うんです。

 

それに、釣り客には高齢者も多いです。

 

飛沫飛散対策もせず、堤防で出会ったおじいちゃんへ唾と一緒に言い放った「こんにちは」が命を奪う可能性だってあります。冗談抜きで本当にあり得ますよ。

  

マスクに関しては、現状、入手も難しいので強制は出来ない。だけど、別にタオルを口に巻いて町の中を歩くって話では無いので、釣り場では多少かっこ悪くても良いじゃないですか。

 

釣人として、自然を舐めたらアカン事を知ってる人間として、何がどうなるか分からん相手と闘っている危機感だけは持っておいた方が良いと思いますよ。釣りに行くなら。

 

ウイルスと釣人が常に触れてる自然の怖さは少し違う。だけど、自分ではコントロール出来ないという点では同じはずです。 

家で暇なら読んで欲しい本とかDVDとか。

勿論、当面の間は釣りに行かないっていう人もいると思う。し、それはそれで大正解だと思う。

 

だけど、外で発散する趣味しか知らない・・・っていう人だと、家でやる事が無い人も多い思うので、個人的におススメしたい本やDVDを紹介しようと思う。

 

釣り関連以外のモノも多いけど、参考にしてみてね。

 

釣り関連のDVDから紹介します。

ヒロ内藤のバスフィッシング理論「THE ANSWER-3」 [DVD]

【ヒロ内藤のバスフィッシング理論「THE ANSWER-3」】

バス釣りをやる人ならマジでオススメ。

特に初心者だね!

 

このブログでも何回か紹介しているけど、今まで観てきた釣りのDVDでこれが一番面白いです。”魚を探す”という釣りの大基本と丁寧に向き合うには最高の教科書になると思いますね。

 

ヒロ内藤の素晴らしいのは、バスプロにありがちなオカルト理論でも無く、かといって頭でっかちな小難しい理論だけでも無く、「ブラックバスってこんな魚だよ」というのを科学的かつ分かりやすく言葉で解説してくれるところ。こういう解説が出来る人ってマジでいないと思うよ。

 

特に「宇宙鯉」の話はムチャクチャ面白い。何それ??っていう人は是非本編でお楽しみください。

 

因みにこれ、AmazonAmazon Choice”に選ばれてるんだよね。

 

Amazon Choiceというのは、すぐに発送できて、購入者からの評価が高く、割と買いやすい値段の選りすぐりアイテムが選ばれるんです。要するに「これエエよ!」ってAmazonが認めた人気商材です。

 

釣りのDVDでAmazon Choiceのマークが付けられた商品ってあまり見た事が無いですね。それも、雑誌や動画によく出る人気のバスプロとかでもない、近所で柴犬と散歩してそうなお父さん的な見た目のヒロ内藤がココに食い込んでくるってまぁまぁでしょw

 

すげぇよヒロさん。

 

 ここから釣りとは関係ない本とかを。

 

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 そして誰もいなくなった

アガサクリスティーの名作・・・というか、推理小説の傑作なので「何を今さら」感もあるけど、暇で暇でしょうがないならこれは本当におススメ。

 

まぁ、面白いから。

脳汁がヤバいので、眼が醒めます。

 

マジでページをめくる手が止まらなくなるよw

 

80年以上前の作品だけど、当時の人間の興奮って現代の感覚で例えるなら、FF7とかバイオハザート4にリアルタイムで触れてきたゲーマーに近いんじゃないの。

 

こんな面白さ出会った事ねぇ、っていう。

今までのゲームとはちげぇぞ、っていう。

 

10代の若者は「あーオッサン達がFF7だのバイオだのリメイクに狂喜乱舞してんのはこういう感じなのねー」って理解できるかもよ。

 

 

去年読んだ本で面白かったのはコレ。

サードドア: 精神的資産のふやし方

【サードドア 精神的資産のふやし方 アレックスバナヤン】

西村博之がオススメの本で挙げていたから読んでみたんだけど、これは10代の若者には是非読んで欲しいですね。

 

ごく普通の大学生が、ビルゲイツやレディーガガ、ウォーレンバフェットとか各界の超有名人にインタビューするために全米を旅したお話。

 

その為の資金を得るために、クイズ番組に出場して賞金を狙いに行くんだけど、つーか回答者に選ばなければ意味無くね??って事に気が付いて、”どうすれば、他にも沢山いる参加希望者の中から回答者として選ばれるのか?”っていう部分を考えるエピソードが一番面白い。

 

ただ黙って運に任せるわけにもいかず、かといって正攻法では立ち打ち出来ない・・・そういう場面って社会では沢山ある。だけど、「いやいや、実は裏道はなんかあるっしょ」っていう思考って実は大事で。

 

このブログで以前書いたこの記事とかもある意味そうだね。

www.muraki-ex-clerk.com

 

この本の価値はエリートの武勇伝でない所だと思う。

 

いろんな失敗談や、若者にありがちな葛藤とかもストレートに書かれているけど、こんな面白い経験を沢山積んできたのに自分と同じような普通の人間じゃん、って気付かされるのがイイね。

 

サードドア: 精神的資産のふやし方
バナヤン,アレックス, 奉之, 大田黒
東洋経済新報社 (2019-08-23)

 

次はちょっとだけ重い本。

 

子は親を救うために「心の病」になる (ちくま文庫)

 

子は親を救うために「心の病」になる 高橋和

一時期精神的にきつい時があって、その時に手に取った本。

 

まぁ、精神的にきつい人に読んで欲しいのもあるけど、どちらかと言うと、身近な誰かが辛そうにしてるな・・・っていう人に読んで欲しい。

 

もっと言うと、一番読んで欲しいのはあとがきですね。著者はカウンセリングの先生なんだけど、あとがきでは「カウンセリングはただ“聞く”だけ」と語っている。

 

その人が言いたい事、表現したい事に、否定も肯定もせずにとにかく聞く。モラルや常識で裁いたり感情的にならずにただ聞く。

 

難しいけどねぇ。

それって。

 

でも、自分のきつかった頃を振り返ると、色んな人に相談したりしたけど実はアドバイスとか求めてなかったもん。ただ耳を傾けて欲しかっただけなのかもしれない。

 

本編は少し重い内容だけど、身近な人が病んでるかな、って思ったらあとがきだけでも是非読んでみてください。ぶっちゃけ本編はオレもよく覚えてないし、多分全部は読んでないですw

 

この不安だらけのご時世です。多分、役に立つかもよ。

 

 

最近読んだ本だと間違いなくコレ。

 

嫌なこと、全部やめても生きられる

 

【嫌なこと、全部やめても生きられる プロ奢ラレヤー】

Twitter界隈では有名な人プロ奢ラレヤー。人に奢られるのが仕事っていうぶっ飛んだ人の本です。

 

オレはもう、この人の文章がムチャクチャ好きです。noteの有料マガジンとかも購読してるけど、下手なロックミュージシャンよりロックで、下手な学者より視点が鋭く、下手なバカより馬鹿馬鹿しい。

 

まぁ、この本はゴーストライターに書いてもらってるけどねw

ちゃんと公言してる。

 

この本で一番の金言は「嫌なことで生きていかない」だと思う。「好きな事で生きていく」ではなく。

 

まぁ、好きな事だけで生きていくのも素晴らしいけど、自分の脳と体にダメージを与えるようなファクターを排除する生き方をするのが先じゃないすかね。

 

生き方が生き方だし、プロ奢に共感できない人も多いと思うけれど、今まで当たり前だったことが当たり前ではなくなりつつある今の世の中。この本に救われる人は多いと思う。

 

嫌なこと、全部やめても生きられる
プロ奢ラレヤー
扶桑社 (2019-12-20)

漫画もいっちょ紹介しとくねー

 

ギョ(2) (ビッグコミックス)

 

【ギョ (2) 伊藤潤二

本編の「ギョ」も面白いんですが、それより読んで欲しいのが一緒に収録された短編

阿彌殻断層の怪」です。

 

コレに関しては、過去に記事にもしています。

www.muraki-ex-clerk.com

 釣りブログなのに、阿彌殻断層の怪」でググるとオレの記事が真っ先に出てくるっていうミラクルを無駄に発揮してますw

 

この作品のオチの意味を定期的に考える。

 

「自分らしさを選んだ人間の辛さ」なのか「誰かが用意した人生を歩む人間の歪み」なのか。

 

未だに分からない。

 

あなたはどっちだと思うだろうか?

 おわりに

 新型コロナウイルスは、基本、高齢者や基礎疾患があるとかで無ければ死ぬリスクは低い。

 

だけど、敵はウイルスだけではないです。強制的に突き付けられる暇、思いもよらぬ失業。色々あると思うし、ストレスも多いと思う。

 

だけど、みんな死ぬなよ。

 

ウイルスにも暇にも失業にも殺されずに、何とか生き延びよう。

 

いうても日本なんで。最悪、生活保護でも何でも生きていく手段はありますって。

 

あまり背負わず、出来れば不要なモノは捨てて、少し落ち着いたら釣りに行って気を紛らわしに行きましょ。

 

以上、ムラキでした。