釣りが上手くならない人にビックリする位共通している3つの特徴。

どーも、ムラキです。

元釣具屋店員です。

いらっしゃいませー

 

f:id:buramuraki:20180805151452j:plain

釣りが上手くなるには??的な記事を何本か書いてきた。

 

buramuraki.hatenablog.com

 

オレも釣具屋の仕事を通じて沢山のお客さんと出会ってきたし、一緒に釣りに行ったこともある。ぶっちゃけ、上手い人にも色々共通点はあるけれど、上手くならない人や、なかなか釣果が伸びない人にも共通点はある。

 

しかも、上手くならない人はマジでビックリする位共通している特徴があるのですよ。

 

今回はそこんとこについて書いていきます。

 

今日もぶっちゃけるよ!

 

目次

 

特徴1.ルアー、仕掛け>>>場所、タイミング

 

もう、とにかくこれ。

 

ほぼ間違いなく、上手くならない人に共通しています。

 

どういう風に釣るか?ばかりで、いつ、どこで、どのタイミングで釣れるか?の意識が圧倒的に薄い。

 

「釣れるルアーは?」

「どうやって動かすの?」

 

っていう事にしか関心が無いんですよ。実を言うと、釣りを始めたばかりの頃の昔のオレがそうでした。

 

確かに釣り方も当然大事。でもまずは場所とタイミングなんですよね。

 

今日、1週間、1ケ月の中で、いつ魚の活性が上がって、どこにいたがっているかを考えるのが先。

 

お店やろうとして、何を仕入れるかばかり考えても、出店する場所やお店の開店時間が地域に合って無ければどう考えても閑古鳥が鳴くよね。それと同じです。

 

「釣れるルアー オススメ」

 

ばかり検索してる人は要注意やで。 

特徴2. 偏光グラス、レインウェアに全くお金を掛けない、つーか持ってすらいない。

これも滅茶苦茶多いです!

 

偏光もレインも持ってすらいないっていう人が多くて、驚く事が多かったです。

 

ハッキリ言って、偏光グラスに関しては持っていないのは論外です。

 

偏光グラスは水中の変化や魚影、ラインの動き等が見やすくなり、釣りを有利にする上での情報を沢山入手しやすくなるんです。

 

たまに家族でキスのちょい投げ釣りやサビキ釣りをやる分にはそんなに気にしなくても良いけど、基本的には釣りにおいて偏光グラスはムチャクチャ大事なアイテムだと思った方が良い。

 

安くても良いので、持っていない人はまずは偏光グラスを買おう。

 

で、タックルがそれなりに豪華な中級者以上の人は、数千円の安い偏光グラスからハイクラスなモノへとシフトする事をおススメします。

 

 

www.muraki-ex-clerk.com

 

質の高い偏光グラスは、目が疲れにくく、視界も暗くなりにくかったり、「見る」という事の全てが楽になります。安い偏光の中には、下手したら一日かけてると頭痛がする物さえありますからね。

 

レインウェアも持っていない人が多いけど、割と勿体ないと思いますよ。

 

この記事でも書いたけど↓みんなレインウェアも立派な「道具」だというのを忘れてるよ。

buramuraki.hatenablog.com

 

 魚の活性が上がるタイミングになりやすいのに、雨が降ったらビショビショで中に染みて、結局嫌になってすぐ帰る・・・これじゃ勿体ないどころかある種の試合放棄ですよ。

 

むしろこれからやがな!っていうw

 

ルアー買い込む前に、偏光とレインをグレードアップさせよう!!

特徴.3 新しい事、違う事を試す数が圧倒的に少ない。

ずーっと同じウキ、ずーっと同じ位置にシモリ、ずーっと同じリグ、ずーっと同じスピード、ずーっと同じ場所・・・

 

しかもそういう人に限って「明確な意図」は無い。何となく、めんどくさいから同じことしかやらない。それで釣れてるならともかく、釣れないなら何かを変えないと先に進むわけがないじゃん・・・

 

昔、釣りが上手いジギンガーの人からこんな事を言われた。

 

「俺、釣りに行ったら先週とは違う事を必ず何か一つ試してるよ」

 

ジグの動かし方、場所、カラーローテ・・・数十年前から必ず意識してると。毎週クーラーぱんぱんになるくらい良く釣ってくる人だから説得力が凄かった。

 

「同じことを繰り返しながら違う結果を望む事。それを狂気という。」

 

アインシュタインの言葉です。いない場所にはいないし、合っていないものは合っていないんだから、次々と新しい事を試そう。

 

どんな小さな事でも良いので、毎キャスト事に、釣り場に立つ事に、何か違う事を試してみよう!

初心者は、とりあえず偏光グラスとレインウェアを買って沢山釣りに行くべし!

まとめ的な話になりますが、コレを読んでいるのが初心者の方で、「なかなか釣れないな」と悩んでいるのであれば、まずは偏光グラスとレインウェアを買う事を最優先にした方が良いです。

 

高いものでなくてもOK。

 

”見ること”というのはどんな釣りをやる上でも非常に重要ですし、”雨の日”というのは魚の活性が上がる場合も多い。これがあるのと無いのでは、釣れる確率は全く変わると言って良いです。

 

なので、大事な道具をしっかり揃え、晴れでも雨でも出来るだけ沢山釣り場に立つように意識してみるだけでも釣果は確実に変化してくるはずです。勿論、新しい事を少しだけ試しながらね。

 

最後にオススメの偏光グラスと、レインウェアを紹介します。

 

 【L.S.Dデザインズ Dフライマン】

Love Soul Dream 偏光サングラス D.Flyman(Dフライマン)フレーム スーパーホワイト/レンズ レインボーミラー セミハードケース付き
 
その中でもこのDフライマンをおススメしたいのは、レンズが大きく顔を覆うように掛けられるので、視界も広く、顔との隙間から不快な光が入り込むのも防いでくれるんですよね。
 
是非試してみてね。
 
【ダイワ レインマックス レインスーツ DR-36008】

 

ダイワ(DAIWA) レインマックス レインスーツ DR-36008 オーシャンブルー M
 
透湿性、防水性に優れたダイワ独自のレインマックス素材が採用されているので、雨の日でも快適に釣りが出来ますよ。
 

カラーラインナップも豊富なので、是非チェックしてみて欲しい。

まとめ 

釣りは、ちょっと視点を変えたり、ちょっとお金の使い方けるだけで見えてくる世界は変わってきます。

 

なので、

 

釣れないな・・・という人は是非参考にしてみて下さい。

 

以上、ムラキでした。

 

この記事も読んでいかない?↓

www.muraki-ex-clerk.com

www.muraki-ex-clerk.com

www.muraki-ex-clerk.com

www.muraki-ex-clerk.com